皮膚科の先生に相談【安心して通えちゃう】

施術方法は5つある

女性

ほくろの形状に合わせ選択

このほくろさえなければ、もっと自分に自信が持てるのにという人は多いようです。ほくろは、場所によってはチャームポイントにもなりますが、コンプレックスにもなります。そんなほくろ除去をするには、形状に合わせた様々な方法があります。綺麗に除去するためには、ほくろに合った方法で施術を受けるのがベストです。ほくろ除去の方法は、大きく分けて5つあります。1つ目はQスイッチレーザーで、平べったく小さなほくろに適した方法です。傷跡が残りにくく、ダウンタイムが短いのがメリットです。2つ目は電気メスで、大きく盛り上がったほくろに適しています。施術時間も短く、傷跡もほとんど残りませんが、根が深いほくろは1度で除去しきれないこともあります。3つ目は、ほくろより少し大きめに皮膚をくり抜き、軟膏を塗って止血するくり抜き法です。保険が適用できるうえ、再発の心配もなく、ほくろの良性や悪性を判断することもできます。4つ目はメス切除縫合で、6ミリ以上の大きくて膨らんだほくろに最適な方法です。根の深いほくろ除去も可能ですが、3ミリほどの傷跡が残ることもあります。5つ目は液体窒素で、根の浅い盛り上がったほくろに有効です。保険が適用できるので、治療費が安いのもメリットです。ほくろ除去を検討している人は、これらの事を踏まえ、自分に合った方法を見つけてみると良いでしょう。ほくろ除去の施術は、美容整形外科や皮膚科などで受けることができます。

Copyright© 2018 皮膚科の先生に相談【安心して通えちゃう】 All Rights Reserved.