取れない疲れ

慢性疲労の考えられる原因とは

慢性疲労とは、ちゃんと寝て休んでいるにもかかわらず、疲れが取れない症状のことを指します。現代では、仕事で忙しい人が多く、慢性疲労に悩む人が増えています。基本的に疲労とは、一晩ちゃんと寝ることで回復することが多いです。しかし、慢性疲労の場合は、寝ても疲れが取れない状態が6ヶ月以上も続きます。 慢性疲労が起こる原因は、ほとんどの場合、肝臓の機能低下と考えられます。そもそも体の疲労感は、血液に一定濃度以上の代謝物がある場合、疲労物質ととらえられ疲労に繋がるのです。肝臓が、疲労物質を処理できないことで慢性疲労が起きます。肝臓は、食べ過ぎ、睡眠不足、ストレスを受けると、徐々に機能が低下します。なので、慢性疲労を回復するには肝臓を労わることが大事です。

肝臓に優しくする生活とは

慢性疲労は、主に肝臓の疲労によってもたらされます。そこで、ここでは慢性疲労をが起こらないように肝臓を労わる方法をお教えします。まずは、毎日のアルコールを控えることです。肝臓でアルコールを分解するので、非常に代謝に酷使されてしまうからです。なので、なるべく毎日の飲酒は控えたほうが良いです。 その他にも、仕事などで夜更かしをしない生活を送ることが大事です。というのも、人間は起きている時間が長いほど、肝臓のエネルギーを消耗させてしまうからです。肝臓にストレスを与えることになるので、夜更かしは控え、質の良い睡眠をとるといいです。上記の点を気をつければ、肝臓に負担をかけずに疲れが取れやすい体質になります。